国には必ず、「税金」と言うものがありますよね。国税専門官は、簡単にいうと、この税金を納税者が間違いなく支払っているかを確認しています。税務署や国税局、または、国税庁において、その状況や会計帳簿などを詳細にチェックしたり、納税に関する適切な指導を行なったりしている国家公務員です。大学卒業程度(国家U種相当)に当たりますが、高度な専門知識が要求される特殊な仕事でもあります。国税専門官は3つの職種に分類されていて、 ・主に適正な納税申告が行われているかどうかの調査や検査、申告指導等を行っている「国税調査官」 ・未納付の税金の督促や滞納処分、納税指導等を行っている「国税徴収官」 ・脱税の疑いのある会社や自宅等に対して捜査や差し押さえ等の強制捜査を行っている「国税査察官」 に分かれています。ちなみに、昔「マルサの女」と言う映画がありましたが、その際に納税者の家宅捜索を行い、強制調査して告発していたのが、この国税査察官です。国税専門官は、基本的に試験に合格すると各地方国税局に採用されます。勤務地は合格者の希望を考慮されるようですが、必ずしも希望している勤務地に配属される訳ではないので注意が必要でしょう。また、一般的に、3〜5年で、各地方の国税局や国税庁等に転勤する可能性もあります。国税専門官は高度な税の専門知識が必要である為に、国税専門官として23年間勤務すると、税理士の試験免除が受けられます。そのため、国税専門官を23年間勤め上げて税理士の資格を取得し、その後、開業税理士になる道も考えられるのですー